広がるLED照明の用途

“LEDのメリットとは

LEDは、白熱電球や蛍光灯と比べて消費電力量が格段に少なく、また使用寿命もとても長く、用途によっては十年前後も使用することができます。

ですから、一見すると従来の照明器具よりも商品単価が高いように思えても、コストパフォーマンスが高くなります。

高い天井に設置する照明などに使えば、交換の頻度も少なく済み、手間が軽減されます。

“調光機能のあるLED

出回り始めたばかりのLED照明は、光量の調節ができず、したがって徐々に明るさを落として眠りやすくしたいなどの寝室への用途は不向きとされてきました。

しかし現在では機能向上によって、強中弱だけでなく無段階に光量を調節できるものも多く出回っています。

家具としてのデザイン性も良いものが増えてきましたから、これらとタイマー機能を組み合わせることで快適な睡眠が可能です。

“色あいの種類も増えたLED

昔のLEDのイメージは、光がまぶしすぎる、色が青ざめた白いもの一色しかない、というものでした。

しかし今では様々な色あいのものがあり、中でもおだやかなオレンジ系色のものは、従来の白熱電球と遜色のないものが多くなっています。

これにより、リラックスしたいリビングなどにも使用することができるようになりました。

“携帯ライトとして便利なLED

LEDは、発光する際に従来の電球と違い熱があまり発生しないことから、安全な手持ちの携帯ライトとしての用途も多くなっています。

また、先程書いたように消費電力も少ないので、災害時のように電力が貴重となる場面においても、長く光り続ける非常用ランタンとして活躍します。

もしものときに備え懐中電灯やランタンを手元に置いておくのは大事です。

“まだまだ進化していくLED

LEDは、登場当初の不評をバネに進化を続け、今や教育現場や医療機関でも標準的に使用されています。

従来の電球より光量が低いとされていた問題もクリアし、今ではより広い場所を明るく照らせるようになりました。

今後も技術の発達により、世界規模で照明家具の主流としての位置を固めていくでしょう。

Comments are closed.