インテリアの家具の選び方

“予算の計画を立ててみましょう

インテリアの家具は一番こだわりたいところでが、家を建てたり、引っ越したりと大抵大きな出費のかさむ時が多く、予算が限られてきます。
あれやこれやと揃えると良い価格になって来ます。

そこで、自分はどういった生活スタイルを送りたいのかを想像してみます。
必ず、ダイニングテーブルと椅子が無ければ生活出来ないわけではありません。

まず、最低限に何が必要なのか考えてみましょう、数が少なければ一つに掛けられる予算分配も大きくできます。

“小まめな情報収集が大事

インテリアの予算と必要な家具が決まったら情報収集をしましょう。
当たり前に思う様な事ですが、意外と大切な事です。
後になってから、ああやっぱりこれが良かったとなる事が結構あります。

友達や知り合いの家に遊びに行った時なども、気になったのがあればどんどん聞いてみましょう。

最近はインターネットですぐに閲覧できますが、木の感じや使う時の感触は実物を確認するようにしましょう。

“DIYやリノベで家具を作る

インテリアも欲しい家具も決まったけど、なかなか自分が思うようなのに出会えない、出会えたとしても予算が足りなくて手が届かない、と言った場合は思い切って自分で作ってみるのも良いでしょう。

最近は古い椅子机などを解体した廃材などを扱う古道具屋などもあります。

ソファや椅子も古い物でも骨組みがしっかりしていれば座る板を張り替えたり、色を塗り替えるだけでがらりと雰囲気が変わり、充分使えるようになります。
また、自分で作った愛着も沸いてくるでしょう。

“お気に入りのインテリアで丁寧な生活を

インテリアや家具を妥協せずにとりあえずで無く、本当に自分が必要で好きなものを選ぶと生活が充実し家財も飽きがこなく、長く使えます。

値段が高ければ確かに、物は良かったりしますが、とりあえずで選んだ物はどうしても扱いが粗末になったり、他の物が欲しくなって無駄な浪費に繋がってしまいがちです。

また他の物で補おうといつの間にか物が部屋に溢れているという事も起こりがちです。

しかし、ちゃんとお気に入りの物があればそれだけでかなりの存在感を示すので、たとえ他の物が欲しくなったとしても調和を考える時にイメージしやすく部屋の雰囲気を壊さずに済みます。

大事なの自分のイメージを大切にする事です。

Comments are closed.